武将列伝・第二十七回 華雄
■名前
 華雄
■武将列伝
 字は雄起。

 董卓配下の都督という役についていた。
 反董卓連合軍が攻め入ってきたとき、水関の守将として活躍する。

 その剛勇で孫堅軍の猛将だった祖茂を始め、数多くの武将を討ち取った武功は、豪傑の名に相応しいと言えるだろう。

 だがそんな豪傑の華雄も、豪傑中の豪傑、言うなれば蝶豪傑もとい超豪傑の関羽に、酒も冷めぬうちに討ち取られてしまったらしい。

 ちなみに華雄という名は、葉雄という名が間違って伝わったモノらしいが……。

 武力91(ぐらい)。

■恋姫†列伝
 董卓軍の猛将。



 ……ダメ?

 自分の武技に絶対の自信を持つ人。
 反董卓連合との戦いの折、賈駆の策を拒否して突出する。

 その武技、そして計略の巧みさで一刀たちを苦しめることに。
■バッジョ列伝
 OHP通販先行予約特典小冊子に、せくしー華雄たんの絵を発見しました! (・`ω´・)ゞ